News
お知らせ

ソラヤマいしづち

「いしづち編集学校」④
観光業界の動向、いしづちエリアの観光の課題を学ぶ

ニュース

2019.10.3

いしづちエリア(西条市・久万高原町・いの町・大川村)の地域資源を活用しながら

域外からの消費を促す事業を展開することができる

「クリエイティブで実行力のある起業を視野に入れた人財」を育成するプログラム

「いしづち編集学校」

 

4回「観光業界の動向、いしづちエリアの観光の課題を学ぶ」は

10月1日(火)いしづちエリア内外から多数の講師をお招きし

西条市地域創生センターで開催されました。

 

 

この日の午前は

株式会社JTB松山支店 観光開発プロデューサー

木村恒太郎氏による「観光業界の動向と今後」

貴重なデータをもとに、観光業界最前線に触れた120分でした。

 

 

 

そして、昨日に続きまして受講生の皆さんの自己紹介タイム。

 

いしづち編集学校への意気込みなども交えて

スピーチしていただきました。

 

 

昼食をはさみ、午後からは

一般社団法人 いの町観光協会 筒井静一郎氏による「いの町を知る」

ご自身の登山経験なども交え、UFOラインやにこ淵、土佐和紙など

いの町の観光資源や魅力、伝統文化などについてご紹介いただきました。

 

 

 

 

続きまして、株式会社石鎚観光 営業企画部長

石鎚山系エコツアーガイド 松本勝氏による

「石鎚山系エコツアーを中心とした魅力・取り組み・課題」

同社の事業内容や取り組み、効果的なPR技法

古岩屋や面河渓谷をはじめとする観光資源について伺えました。

 

 

 

 

そしてこの2日間を締めくくっていただいたのは

株式会社MISO SOUP

瀬戸内うどんカンパニー株式会社 代表取締役 北川智博氏。

「地域の価値を高めるローカルプロジェクトの起こし方」と題し

ご経験談やノウハウをじっくり伺った後

商品開発ワークショップにチャレンジしました。

 

 

悩める受講生の相談にも乗ってくださった北川氏。

 

 

生まれたアイデアは、受講生同士で共有し合いました。

 

 

 

そして、代表者が企画案を発表。

 「いいですね!それ早速やりましょう!」と

北川氏も太鼓判を押してくださいました。

 

 

 

最後に泉谷昇校長のご指導のもと

今日の発見や気付きを付箋に記入してのディスカッション。 

 

 

 

 

今回は、レポートの宿題が出ました。

受講生たちが臨む来年2月のプレゼンに向けた、アイデアの整理にもなるでしょう。

 

 

次回は109()、大川村で開催予定です。

 

 

 

 

 

2019年度「いしづち編集学校」の詳細はこちらからご覧いただけます。

 

 

 

【問い合わせ】

株式会社ソラヤマいしづち TEL:0897-47-6030(代表)