News
お知らせ

ソラヤマいしづち

「いしづち編集学校」⑨ おもてなしを学ぶ

ニュース

2019.12.9

いしづちエリア(西条市・久万高原町・いの町・大川村)の地域資源を活用しながら
域外からの消費を促す事業を展開することができる
「クリエイティブで実行力のある起業を視野に入れた人財」を育成するプログラム
「いしづち編集学校」

第9回は12月6日(金)に『おもてなしを学ぶ』を開催いたしました。

 

まず午前は西条市地域創生センターにて
伊予灘ものがたり 企画室 室長 田中弘紀典氏
同アテンダント 小島江実梨氏、久冨麻里子氏を講師にお迎えし
四国初の本格的観光列車『伊予灘ものがたり』立ち上げのドラマと
今日に至るまでのご苦労や熱い想いを伺いました。

 

感動を呼ぶ心に残るおもてなしとは何か。
地域の皆さんに自然と広がっていった、伊予灘ものがたり「おもてなし」のストーリー。

「運行開始当初、沿線の皆さんには“列車が来たら手を振ってください”としかお願いしていないんです」と田中室長。
アテンダントと地域の方々との心のふれあいが、温かいおもてなしを育んできました。

 

「地域の人たちが日本一なんです」と田中室長は断言。
お年寄りも、ワンちゃんたちも、電車が来る時間帯になると外へ出て

笑顔でお出迎えしてくれるようになったそうです。

 

 

 

 

昨年7月には西日本豪雨災害が発生。
同列車が走る地域は肱川の氾濫で甚大な被害を受け
8月下旬まで運休となりました。
沿線地域の皆さんからは「伊予灘ものがたりが走らないと寂しいよ…」という声もあったそうです。

 

被災地に寄り添いながら、ともに立ち上ろうとする時

沿線を彩る美しい季節の花々やアテンダントの皆さんの笑顔が、復興の力にもなりました。

 

貴重な写真の数々を拝見しながら


心あたたまる地域の方々とのふれあいが生んだ

復興への力強い歩みについても伺うことができました。

 

 

また、昔からあるもの、愛媛にあるものを取り入れる『オール愛媛』の取り組みや
アテンダントの育成についても触れました。

手間をかけることを惜しまない。
手間をかけることが仕事である。

 

質疑応答ではたくさんの質問が寄せられました。

伊予灘ものがたりの魅力、沿線地域の皆さんの真心に触れ
受講生の皆さんの心にも強く響いたようです。

 

 

 

そして午後からは、アサヒビール四国工場に移動。

株式会社アサヒビールコミュニケーションズ曽我部真弓氏による、おもてなし講座です。

 

 

まずは“中四国唯一”のアサヒビール工場を見学。

最高に美味しいビールを製造するための、こだわりの工程を学びました。

 

実際の設備を見て、驚きと感動の連続でした。

 

同社の環境に対する真摯な取り組みも知り

石鎚山系の恵みに対する敬意を感じた受講生の皆さん。

ご案内くださった小谷さんのおもてなしを、身をもって体感することもできました。

 

 

工場見学の後は曽我部真弓氏による「おもてなし講座」です。

スタッフ一人ひとりの印象=企業の印象。

お客様の満足・感動を生み出すため、同社が真摯に取り組んでこられた取り組みです。

 

 

身だしなみの心構え、表情のポイント…

受講生ひとりひとりが自分自身についてチェックしてみる時間もありました。

 

「温かい笑顔は、口角が上がっていること、目が優しいことが大切です。

目、口、表情筋、心…あなたの顔で周りの人々を幸せにしましょう」

ペアになって、表情を確認しあってみました。

 

態度・立ち居振る舞いは目に入る言葉。
正しい姿勢、おじぎの仕方も学びました。
おじぎひとつとっても、動作のひとつひとつに込めた気持ちや意味があるんですね。

そして言葉遣いは心遣い。
明るく・優しく・易しく・美しく。

 

 

「本当のおもてなしとは、思い出になって心に残る、また来ようと思うおもてなしです。

下りのエスカレーターに乗っていると思ってください。
立ち止まってしまうと、下っていきます。
継続することは難しいですが、意識して行動を起こしましょう。

おもてなしに終わりはありません。どんどん、どんどん、自分の中で磨いていきましょう」と曽我部氏。

同社の皆さんがどのような研修を経て、どのような心構えでお客様に接しているのか

受講生ひとりひとり、心に刻みました。

 

 

そして試飲会場に移り、試飲タイムです。

石鎚山系にかんぱーいー!

今日の学びを振り返りながら
美味しいドリンクを片手に、受講生同士で語り合いました。

 

 

 

次回は 12月18日(水)いの町にある「いのホール」において
「情報発信を学ぶ」です。

 

 

 

 

2019年度「いしづち編集学校」の詳細はこちらからご覧いただけます。

 

 

 

【問い合わせ】

株式会社ソラヤマいしづち TEL:0897-47-6030(代表)