News
お知らせ

ソラヤマいしづち

2021年1月9日(土)
民藝さんぽ -用の美を感じる- 開催

“民藝”には、健やかで美しい暮らしのヒントがつまっています。

 

2020年11月3日 文化の日に開催された「民藝さんぽ」第2弾。

午前の部には、前回大好評だった「水の都の建築探訪ツアー」が、グレードアップして再登場。
西條藩陣屋跡に残る、建築家 浦辺鎮太郎の作品をめぐるガイドツアーのあと
名建築でくつろぎながら、地域の食材を丁寧に調理した特製お弁当をお楽しみいただけます。

 

そして午後の部には、日本民藝館 学芸部長/日本民藝協会 常任理事 杉山亨司(すぎやまたかし)氏を講師にお招きし
「柳宗悦に学ぶ-民藝のこころ」と題した講演会で、民藝の世界へご案内いたします。

 

江戸時代にひらかれた西條藩の陣屋跡で
用の美を感じる、新春のひとときを過ごしてみませんか。

 

ご参加には事前のお申し込みが必要です。

※午前の部「建築探訪ツアー」は定員に達しましたので、キャンセル待ちの状況です。
 たくさんのお申し込みをありがとうございました。

 

【日時】
2021年1月9日(土)
・午前の部 10:00〜12:00(受付 9:30~ 定員20名 ※定員に達しました
・午後の部 13:30〜15:00(受付 13:00~ 定員70名)
※要事前申込(午前の部・午後の部ともに、定員になり次第受付終了)

 

【会場】
西條藩陣屋跡エリア(西条市役所駐車場から徒歩3分)
愛媛民藝館・西条郷土博物館・五百亀記念館・西条栄光教会

 

 

 午前の部 10:00〜12:00 
●水の都の建築探訪ツアー(定員20名 ※定員に達しました

西條藩陣屋跡に残る、建築家 浦辺鎮太郎の作品をめぐるガイドツアー。
モダンとクラシックを兼ね備えた礼拝堂、民藝調の牧師館、近代的スタイルの園舎の3棟で構成された、近代木造モダニズム建築「西条栄光教会(1951年)」と、浦辺風と呼ばれるひさしや黒瓦のボーダーが特徴的な土蔵造りの「愛媛民藝館・西条郷土博物館(1967年)」を、特別ゲストの素敵なエピソードを交えてご案内します。
ガイドツアー終了後、名建築でくつろぎながら、地域の食材を丁寧に調理した、特製お弁当をお楽しみいただけます。

・受付 9:30~
・集合場所 愛媛民藝館 玄関
・参加費 2,000円(特製お弁当付き)

【お問い合わせ】
株式会社ソラヤマいしづち 0897-47-6030

<年末年始の休業日>
12月29(火)~1月3日(日)

 

 

 

 午後の部 13:30〜15:00 
●講演会 柳宗悦に学ぶ – 民藝のこころ(定員70名)

講師 日本民藝館 学芸部長/日本民藝協会 常任理事 杉山亨司(すぎやまたかし)

プロフィール
1957年静岡県生まれ。専門は、近代工芸史(柳宗悦と民藝運動を中心に)、博物館学。最近の主な論考に「日本民藝館のコレクション-柳宗悦の蒐集をめぐって」(『ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論』武蔵野美術大学出版局、2016年)、「柳宗悦の旅をめぐって」(『民藝の日本 柳宗悦と[手仕事の日本]を旅する』筑摩書房、2017年)、「我孫子から京都へ」(『柳宗悦と京都』光村推古書院、2018年)ほか。

・受付 13:00~
・集合場所 五百亀記念館 2階
・参加費 無料 ※事前のお申し込みが必要です。

【お申し込み】
愛媛民藝館にお越しいただくか、お電話で①〜④をご連絡ください。
①氏名 ②お電話番号 ③ご住所 ④参加希望(午前の部・午後の部・両方)
公益財団法人 愛媛民藝館 0897-56-2110

<年末年始の休館日>
12月28(月)~1月4日(月)



 

建築家 浦辺鎮太郎の作品である愛媛民藝館の建物や館内展示も、ぜひあわせてお楽しみください。

●愛媛民藝館
入館料 大人200円、中高生100円、小学生以下50円

 

 

【お願い】
ご来場の際は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の項目をご確認ください。
・マスク着用
・手指消毒
・人との間隔 1m
・オンラインチケット(事前決済)推奨
※発熱や咳などの風邪症状がある場合、新型コロナウイするの感染が確認された方との濃厚接触がある場合は、ご来場をお控えくださいますようお願いいたします。

 

<詳しくはイベントチラシをご覧ください>

<PDF版はこちらです>

民藝さんぽ_用の美を感じるチラシ

 

 

主催:株式会社ソラヤマいしづち、公益財団法人愛媛民藝館
後援:西条市、西条市教育委員会

 

【イベント全体に関するお問い合わせ】
公益財団法人愛媛民藝館 0897-56-2110